ESETセキュリティソフト インストール・初期設定の検証

大概のソフトウェアはインストールウィザードを経てインストールすることになります。

 

インストールウィザードとは、インストールを対話形式で行うことにより、簡単にセットアップする機能ですが、ソフトウェアによっては理解不能な専門用語や、意味不明な選択項目を出して来たりと、こちらが???どうすればすれば・・・となってしまうソフトも多々ありますよね。

 

また、インストールしても、使いだすまでに、アクチベーション(認証処理)や面倒な初期設定を行わなければいけなかったりと、何かと手間のかかるものもあるかと思います。

 

さて、ESETセキュリティソフトはどうなのでしょうか?
ここでは、ESETセキュリティソフトを実際にインストールし、インストールウィザードで意味不明な事を言い出さないかや、アクチベーションや初期設定は簡単に行えるのか?というのを見ていきたいと思います。

 

 


ESETセキュリティソフト の詳細・体験版・ダウンロードはこちら

 

インストールの手間と分かりやすさを検証してみた

 

では早速インストールしてみます。

 

まずは先ほどダウンロードしたインストーラをダブルクリック!

 


 

 

実行をポチっと!

 


 

 

はい、確認しました。

 


 

 

プログラムをインストールします。

 


 

 

同意するをポチっと!

 


 

 

開始をクリック。

 


 

 

プログラムのインストール中!

 

しばらく待ちです・・・。
ソフトによってはここでメチャクチャ時間を取られます。

 


 

 

インストール完了。

 

インストール中になってから約1分弱で完了。
ウイルス対策ソフトにしては結構早い方だと思います。

 

面倒なので再起は最後。とりあえず一旦完了させます。


 

 

自宅で使うので 自宅/職場ネットワークを選択。


 

 

ここからアクチベーションですね。

 

ユーザー名とパスワードを入力して使用するを選択して次へ。


 

 

ユーザー名とパスワードは、購入時に届いた「ESET ファミリー セキュリティをご購入のお客様へ」というメールに書いてありました。

 

 


 

 

ユーザー名とパスワードをコピペして、アクチベーションをポチッと!

 

シリアルナンバーは不要みたいですね。


 

 

アクチベーションできました。
完了をクリック。

 

インストールとアクチベーションはこれで完了。
特に手間のかかるところはなかったですし、意味不明な選択項目も出てきませんでしたね。


 

 

初期設定の手間と分かりやすさを検証してみた

 

さて、ここから初期設定を行っていきたいと思います。

 

ESETセキュリティソフトにはアンチセフトという盗難防止機能が付いています。
この機能は、万が一パソコンを紛失したり盗難にあってしまった場合などに、WEB上でパソコンの位置を特定したり、Webカメラが搭載されていればそのカメラで画像を撮影したりと監視したりできる機能です。デスクトップのスクリーンショットも撮影できます。

 

もちろん使う使わないはユーザーの自由ですので不要な方は使わなくとも大丈夫ですが、今回は手間の検証ということなので、初期設定にてこの機能を設定し、手間がかかるかどうかというのをてみたいと思います。

 

インストールが完了すると左記画面が出てきます。

 

アンチセフトを有効にするをクリック。

 

※アンチセフトを使わない場合はスキップをクリックして完了。
必修となる初期設定は特にありませんので再起動して完了でOKです。


 

 

新規アカウントの作成をポチっと!

 


 

 

そのまま次へ。


 

 

新規アカウントをオンラインで作成します。


 

 

名前、メアド、(任意の)パスワード、画像の文字列を入力して新規アカウントの作成をクリック。


 

 

ESETアンチセフトにようこそと出てきました。
登録は出来ているのかな?


 

 

メールが来ていたので添付リンクをクリック。


 

 

お、登録できました。
ログインしてみます。


 

 

ESETアンチセフトをクリック。


 

 

あら?さっきと同じ画面・・・

 

デバイスが関連付けされてませんね。他に何かやることがあるのでしょうか?


 

 

ソフトの管理画面を見てみると、アンチセフト有効となっています。

 


おかしいですね。

 

アンチセフトの設定を行うをクリックしてみます。


 

 

おや?またアカウントの新規作成画面・・・

 

何だこれは・・・(汗)

 

よくわからないので、ログイン画面に切り替えてもう一度ログイン。


 

 

ん?やっぱり同じ画面・・・。

 

ちょっとイラっとしてきました・・・。

 

インストールが完了したところで再起していないからですかね?
一回再起動してみます。


 

 

再起しても全く同じ・・・。

 

アンチセフトを一回無効にしてみようと思います。


 

 

設定項目の中のアンチセフトを自動更新を有効にしないに切り替え。


 

 

ソフトの管理画面に違う項目が出てきました。

 

もう一度アンチセフトを有効にします。


 

 

今度は既存ユーザー(先ほど作ったアカウント)でサインイン。


 

 

また同じ画面。。。イイのかな?

 

そのまま次へ。


 

 

あ、出来ました。
デバイスが関連付けされたみたいです。

 

完了をポチっと!

 

まぁ何ともややこしいですね・・・。
確認のためにアンチセフトにログインしてみます。


 

 

今度はちゃんと反映されていました。

 

折角なのでテストを実行してみたいと思います。


 

 

少し待つと、スナップショットを作成して送信できるようにしますか?
と聞いてきました。

 

はいをクリック。


 

 

そのまま待つこと数分(1〜2分程度)、ESETアンチセフトの管理画面にデスクトップのスクリーンショットが反映されました。

 

アンチセフトの設定はこれで問題ないようです。


 

 

と言うことで、ESETセキュリティソフトをインストール・アクチベーション・初期設定(アンチセフトの設定)を行ってみました。

 

インストールとアクチベーションは特に手間のかかるところは無く、専門用語や意味不明な選択項目で悩まされることもありませんでした。また、インストール速度もそれなりに早いので良かったと思います。

 

ただし、初期設定(アンチセフトの設定)は少し厄介ですね。もしかすると他のやり方をすれば簡単に出来るのかもしれませんが、ユーザーを悩ませてしまうという点で見ればこれはちょっと・・・と思います!少なくとも私は悩みました。一度登録してしまえば、2台目からのは簡単に設定できるようですが、アンチセフトの初回(新規)の設定は分かりにくいかと思います。

 


ESETセキュリティソフト の詳細・体験版・ダウンロードはこちら